ネットワーク

東名阪のデータセンターだから東京と大阪に接続が可能

東京と大阪に接続しているため、どちらかが利用できなくなっても通信可能。

データセンターやサービスプロバイダなどでは、大容量のバックボーンが求められますが、この光ケーブルによるバックボーン構築により上位への回線増速処理に待たされる事なくお客様に快適なサービスを提供できます。

また快適なアクセスレスポンスを保持すべく、トラフィックを自律的に監視しており、最適な回線速度を維持しています。

Mirai iDC内には大手ネットワークキャリアのPOIが複数あり、弊社バックボーンとしての利用以外に、ソフトピアジャパン周辺企業やハイウェイを経由した接続の中継地点として機能しています。そのため回線の利用は非常にスムーズで、弊社iDC内では、構内配線のみで利用できます。またソフトピアジャパンに進出している企業の中には、光ファイバーケーブルを利用して直接バックボーンに接続しているケースがあります。

首都圏との複数接続ルート

ミライデータセンターがバックボーンのメインとして利用しているアルテリア・ネットワークス株式会社の回線は、大手町まで太平洋側と中央の2本の幹線を持っており、万一の 災害でどちらかが切断されても、もう片方のルートでアクセスができます。

また、ミライデータセンターまでは十分な数の光ファイバーで接続されており、帯域の確保も容易です。 

他にも大手ネットワークキャリアのPOIなどがあるため、他のルートを確保する事も可能です。

大手ネットワークキャリアPOI

ミライデータセンター内には大手ネットワークキャリアのPOIが複数あり、弊社バックボーンとしての利用以外に、ソフトピアジャパン周辺企業や岐阜情報スーパーハイウェイを経由した接続の中継地点として機能しています。

そのため回線の利用は非常にスムーズで、ミライデータセンター内では、構内配線のみで利用できます。